涼しさを山梨で得る

山梨残っている謎のフラワーアイス

花agoは、花と金魚を中に入れて凍らせた山梨の柱です。
幼年期の言葉は氷のつららと花です。

エアコンが普及していなかった時代には、デコレーションや涼しさを得るために、

山梨で富士山の山開き

デパート、ホテル、レストランなどに置かれていました。
不純物が氷に混入しないように、水を攪拌しながら生産が凍結するのに1週間かかります。
彫刻やおもちゃを含む「アイスアイス」もあります。

さて、山梨…
生きている間にゆっくりと凍っていましたか?
江戸川乱歩の小説「吸血鬼」ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です