通勤して体重が減った和歌山の出会い

のび◯くん「やっちゃえおさん」

和歌山の出会いザビエルの生まれ変わりですか? ]
それは私が20代のときに工場で働いていた頃のことです。

当時、40代後半のSさんと呼ばれるおじさんが昼休みと通勤の両方で帽子をかぶっていました。

最初は「帽子が好き」とだけ思っていましたが、ある日、健康診断を受けました。

和歌山の出会いSさんが目の前にいてくれましたが、背が高いときも体重を測るときも帽子をかぶっていました。

帽子を脱いでみませんか?和歌山の出会い

それを念頭に置いて、それは私の視力検査でした。

コムさんはSさんの後ろに座って待っていましたが、Sさんは帽子をかぶって検査レンズを覗こうとしていたので、よく見えませんでした。

作業に苦労していた検査官の叔母が「帽子を脱いでください!」とSさんの帽子を無理やり脱ぎました。

和歌山の出会いああ! ?

今まで帽子から髪が抜けてきたので気づかなかったのですが、Sさんは頭の真ん中に髪がありませんでした。

ザビエル…

Sさんの頭は神聖に輝き、室内の蛍光灯を反射します。
普段は帽子をかぶって宣教師の活動を隠していると思います…
彼を崇拝せざるを得なかったのはコムだった。
「カッパとザビエルの関係」
散髪をした翌日、出勤しました…

同僚A「それはなんですか?コムさん、あなたの頭ですか?

たぶんコムもそう思う(泣)和歌山の出会い

悲しみのあまり、コムはLINEスタンバイ「カッパ」を作った。
髪が元の位置に戻るまで、コムはカッパとして生きます。

「河童」といえば、日本各地に「河童伝説」があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です