最初に翻訳しておいた和歌山の出会い

(日本政府が解決した支援金を盗んだのは残念です)

・最後の敗北は日本では正しく支払われなかった
(私は日本政府に支払いました和歌山の出会い
売春婦は準備ができていませんでした
電流の原因でした

・この訴訟が提起された順序は和歌山の出会い
「最初にお金を返す」という苦情でしたが、
福島瑞穂弁護士(社会民主党)は性奴隷の犠牲者です
やった
それは婦人の始まりでした。
これをきっかけに福島は人権弁護士に任命された
議員まで翻訳しました。和歌山の出会い

それは本当に出るうそです
それは日本人をだまして体を合わせる日本人の要点です。

・「1943年6月から1945年9月までの間に12回払いの26,145円」

25か月なので
毎月約1000円節約できる余剰金がありました

当時の最初の大学卒業生の給与は75円、今は18万円だとします。
千円は約240万円
この月額を節約するのに十分な収入があると言われました

 

・これで軍事投票は終了です。
まあそれは戦争に負けないことよりもありそうです
手形を引き換えることができなかった人のために
保証はあるはずですが。和歌山の出会い
支払う責任があるだけ
それは間違いなく日本政府です。
日本からお金を受け取って条約を締結する以上のこと
日本政府が責任から逃れるのは間違いありません。
日本は日本に文句を言うしかない

(結局のところ、特大のブーメランが日本に戻り、現在は累進的に人身売買されています…)

和歌山の出会い・申し訳ありませんが、当時の日本では人身売買は普通に行われていました
日本軍も請負業者も、それが特に悪いことだとは思っていませんでした。
それは請負業者に婦人を集めるようにさせることです
人身売買が含まれています
第一期も安倍
悪いことだとは思わなかった
婦人は売春婦であることを私は知っていた

・>>はい、彼女は女性だったから。和歌山の出会い
しかし、それは管理と最後まで集まる人たちです
民間部門(日本人自身)がした話なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です