山梨で私が何を訴えたか

貧困と飢餓は世界で終わりがありません。山梨と山梨感染に苦しんでいる山梨たちもたくさんいました。雨が降って孤児になった両親を失った子どもたちがたくさんいました。

私はこのような状況を認識していて、モニターに映った山梨たちが何をすべきか考えているのを見ていました。

私がこの慈善団体に何を訴えたかに基づいて、私はペットボトルのボトルを収集し、それらをポリオワクチンとして寄付しようとします。病院

山梨県が誇る絶叫マシン

私ができることを考え、私が最初にやることができるものから始めたいハイビスカス

それはささいなことかもしれませんが、山梨は誰もが世界中に生きていることに気付きました。ブーケ

あなたはあなたの顔に飛んだことがありますか?キャット山梨白い液体

いいえ、私は立っていました、あなたは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です